髪のうねりやボリュームダウン!美容室で伝えたいただ1つの魔法の言葉

髪の毛 カット 頻度 札幌 中央区 大通 美容室

女性男性問わず、髪の毛の悩みで多くいらっしゃるくせ毛の悩みをお持ちの方。

もう悩まなくていいんです。美容師がくせ毛と真剣に向き合えば悩みなんてなくなるんです。

この「くせ毛」という悩みを改善するために美容室でカットをしたり縮毛矯正を掛けたり、思い切ってパーマをかける方もいらっしゃるとおもます。だがしかし、本当に解決しているかというと、何かしらの問題が新たに生まれることも多いと思います。縮毛矯正を掛けると、パーマがかけられなくなったりコテで巻いた時の持ちや髪の毛のダメージ、パーマもダメージが付いてきます。

ではどうすればいいのかとくせ毛のヘアスタイルをより良い方向になるように考えていきたいと思います。

目標は「お客様の髪の毛が悩みがなく綺麗な状態に保つこと」

これこそが美容師の本懐だと思います。

そして今日はこの言葉を覚えてください。

「毛先がスカスカにならないように全体の毛量を軽くしてください。」

一見、ん?と思えるようなこのフレーズこそがお客様ご自身の髪の毛を守る第一歩になりますので必ず美容室に行った際はこの魔法のフレーズを美容師に伝えるようにしてあげてください。


まずくせ毛によって悩めるポイントはなにか

札幌 中央区 大通 美容室 髪の毛 うねり

お客様のくせ毛による悩みはそれぞれあります。うねって毛先がまとまらないのかボリュームがでてしまうのか、どう悩んでいるかを考えてみます。

うねる

くせ毛の悩みの代表格はうねり。

思いもよらぬ方向に髪の毛が流れ思うようにまとまらないうねり。

これはカットで切り落とせる限界があることなので適切な毛量調整を必要とします。縮毛矯正やパーマで髪の形を変えてしまう方法もあります。ただ薬剤処理はダメージがついてくるところなので現在の髪の毛のコンディションや今後のヘアスタイルも考慮しながら行う必要があるためしっかりと美容師と相談をしながら進めていく必要があります。

僕自身がお客様に提案するのはカットでうねりをカバーする方法です。

後述でカットの必要性はご説明しますが定期的にカットでのメンテナンスをすることで扱いやすくお手入れしやすい髪型になっていくと思っています。なにもしなくても一ヶ月に1センチほどは伸びてしまう髪の毛だからこそ定期的なメンテナンスを施すことによりダメージを髪に与えることもなく扱いやすい状態をキープできると思います。

ボリュームが出る

これもお客様の多くが悩んでいるポイントの一つです。

くせ毛だから厚みをあまり減らせないと美容師に言われた経験のある方も多いと思います。たしかに長さや厚みがある方が単純にうねりやクセが出にくいのは事実ですが、実際にボリュームが収まっている方を僕はあまり見たことがありません。

というのもくせうねりをなくさ無くさない限りずっと毛量が多く乾かす時間が増え、ドライヤーによる熱ダメージが増え結果的に乾燥による広がりを生み出します。そして毛量があることにより毛の重なりは増え抑えつける作業が必要になってきます。これはもう悪循環です。

だとしたらボリュームの最たる原因のうねりをなくすために根本の毛量調整をするか縮毛矯正でまっすぐに伸ばすかの2択しかないはずです。

ただ髪の毛は伸びてきます。しかも伸びてくる髪の毛は縮毛矯正のかかっていないクセのある毛です。そんな髪の毛がどんどんと伸びてくれば結果二、三ヶ月で根本の膨らみは出てきてしまいます。

だから二、三ヶ月に一度根本の縮毛矯正をかけてしまうのです。

悪くはないですが髪の毛は当然傷んできます。ボリュームは収まるけど髪の毛は傷むというのはやはりなにか新たな悩みを生んでしまいます。

これは僕自身の考え方ですが、根本のクセをしっかりとカットして全体の毛量調整をしっかりと行うことにより乾かすだけでボリュームを抑えられるヘアスタイルは作れると思っています。さらにボリュームを抑えたいという方は縮毛矯正をかければいいのではないかと思う程度です。

髪の毛を伸ばすことはできませんが切るということだけでボリュームのコントロールができるんです。しっかりと毛量調整をしてボリュームダウンをしてシルエットを小さくできる秘密はぜひ体験しにいらしてください。

毛先がハネる、まとまらない

うねりやクセの状態が原因ばかりではなく段が多く入っていたり毛先がスカスカになってしまっていたりする場合もハネたりまとまらない原因になります。

これは段差をなくすように長さを切らなくてはいけなかったりするので扱いやすくするために切ってもいい場合のみではありますが切った方がいいと思います。伸ばしかけの方に多く見られる悩みだったりしますが長さを綺麗に伸ばすため、扱いやすく伸ばしてあげるためにも一度リセットして切っていくことも選択肢の一つとして捉えていくことも大切なのかもしれません。

縮毛矯正を掛けるのはオススメしませんがあえてパーマをかけてしまうのも一つパターンとしてアリかもしれません。

毛先のパサつきが気になる

これに関しては切る、毎日自宅でトリートメントを頑張る、洗い流さないトリートメントを毎日つけるの三つを行うのみです。どれが欠けてもダメ。オススメのオイルは後でも登場しますが「モロッカンオイル」1択です。本当にオススメです。

 


くせ毛のうねりを無くすのか、減らすのか、隠すのか

そもそもくせ毛という状態がどういう状態なのかという話になってきますが、色々と種類があり多きく分けると大きなうねりと細かいチリ付きの二種類がお客様が悩めるくせ毛のイメージなのではないでしょうか。

細いチリ付きに関してはやはり薬剤施術として縮毛矯正をお勧めしています。

というのも、細かいチリ付きのあるくせ毛はカットで切り落としてもあまり改善が見込めない場合が多く、短くしたり軽くしたりするとかえって扱いが大変になったりすることがあります。全体的に縮毛矯正しない場合でも前髪やフェイスラインの縮毛矯正を施すことにより劇的に扱いが良くなることがありますので是非お試しいただければと思います。

髪の毛のコンディションにもよりますがやはりくせ毛の悩みは一生続く事が多くたくさんの方が悩みを多く抱えています。

昔に比べ縮毛矯正もリーズナブルになり薬剤の性能も上がってきていますので改善できないクセはないくらい縮毛矯正を掛けると綺麗にまっすぐにしてくれます。

一度掛けるともう掛けない人生なんてありえないと思えるほどの仕上がりになりますのでコンプレックスとして思う方ほど一度チャレンジしていただけると毎日がハッピーになれるかもしれません。

では大きなうねりはどうかというと、選択肢としてカット、縮毛矯正、パーマという選択のどれか、または組み合わせで扱いや悩みが改善することがあります。

どの選択をするのかというよりはご自分のクセをどうしていきたいのかによって施術内容は変わってきますがどれもいい部分と悪い部分が存在し、お客様がどれを選択するかは自由ですがお客様の理想とする髪型や毛質、毛流れ、ひいてはこれから先の自分の髪の毛がどうあってほしいかによって正しい選択をしてあげることにより「髪の毛の悩みがなく綺麗な状態を保つ」という目標を達成できるのだと僕は思います。

くせ毛のうねりをなくす

無くすと考えて行く場合は縮毛矯正のみの薬剤処理に頼らざるをえないでしょう。まっすぐにして収まる場合は縮毛矯正は特に有効です。

うねりを減らす

うねりを減らす時は縮毛矯正ではなくストレートパーマをオススメしています。縮毛矯正ほどまっすぐになりすぎず今のくせをすこしだけ伸ばす力があるのでくせ毛を活かしたいけうねりが強い場合には有効です。

ただみ昔ながらのストレートパーマの技法ですと髪に当てる熱量が少なすぎるため、80度前後の温度でアイロンを入れてあげると自然に伸びやすいので美容師にお願いしてみてもいいかもしれません。

うねりを隠す

これはうねりをカバーする方法としては薬剤ではなく活かしていく方法に近いかもしれません。しかしあまりにもくせが強い場合は縮毛矯正やストレートパーマで癖を弱める必要があるので比較的弱めの癖の方であれば対応できると思います。


薬剤の施術によるメリットとデメリット

くせ毛の改善=縮毛矯正とイメージされる方が多いほど、ストレートにして改善を図る方が多いはず。

季節の変わり目や夏から秋にかけての湿度や乾燥によるうねりや広がりを抑えるためのスタンダードな施術です。ダメージに合わせて薬剤を選定していくのでダメージも最小限に抑えられ、かけたその日以降半年くらいまでは根元のクセも気にならず毎日扱いやすく快適な生活を送ることができます。

一見メリットばかりのようなこの縮毛矯正、デメリットもあるんです。

1、ダメージが出やすい

一般的に縮毛矯正の薬はカラー剤やパーマ液に比べてダメージが大きい薬剤の場合が多く、しっかりとクセを伸ばそうとすればするほど強い(ダメージが大きい)薬剤を使用しなくてはならず、髪の毛の負担が多くなる傾向があります。

もともと傷んでいない髪の毛であればダメージに耐えることもできるでしょうが、カラーやパーマなどを繰り返し行い疲れてしまった髪の毛であれば縮毛矯正のパワーに耐えれないかもしれません。そうなると優しい薬にしなければならなくなり、優しい薬剤のため元々のクセが戻りやすく気になるスピードを速め、繰り返しかけ続けなくてはならない状態になりさらにダメージに・・・、なんてことも良くあるお話だと思います。

ダメージを理由に美容室で縮毛矯正の施術をお断りされた方もいらっしゃると思います。

2、うねりが根元から出てきたら定期的に縮毛矯正をし続けなくてはならない

髪の毛は伸びます。

当然縮毛矯正を掛けても時間が経つにつれ根元からはくせ毛が伸びて、ボリュームがでてきたりしてきます。

ということは、気になり始めたらその都度かけなくてはいけない、そしてさらに継続的にカットもしなくてはいけないし、白髪染めや根元のカラーリングなど、縮毛矯正以外にも悩むポイントがたくさんあります。

一度で全部施術すれば1日かかる施術になりますし、なおかつ金額もバカになりません。何よりも髪が傷みます。

上記のようにそれぞれにメリットデメリットがあり、それでも縮毛矯正が悪いこととは思いません。

むしろ美容師がくせ毛に対してどんな努力をしても常にまっすぐにしてあげることは不可能であって、お客様のコンプレックスを解消できるひとつの手段として必要な方もいることでしょう。

お客様のクセのコンディションや日々の扱い方、くせ毛に悩む度合いによってはかなり有効な手段といえます。

パーマをかけてクセをごまかす方法もありますが、デメリットはご自分のクセよりも強いパーマにしなければならないこと、そして必ず毛先が傷むという事が挙げられます。

最終判断はお客様自身が決めることなのかもしれませんが、必ずしも薬剤処理をしたからといって日々の悩みから解放されるかどうかというポイントは、クセの状態やダメージ、美容室にくる頻度、何よりもお客様自身がくせ毛に対してどれだけ悩んでいるかが重要になってくる、そんな気がします。


カットで作るくせ毛のうねりのカバー方法

薬剤のダメージリスクを減らしたい、なくしたいと考えていらっしゃるお客様に縮毛矯正やパーマなどをお勧めもできません。だとしてくせ毛の悩みを美容師として改善、解決するためにどうすればいいか。

残された選択肢は「カット」のみということになります。

悩みとしてくせ毛が気になるというお客様のなかにも、切ってもいいという方と長さを伸ばしているという方も2パターンが存在します。大体がどちらかに当てはまるのではないでしょうか。

切ってもいい方はもちろん、伸ばしているという方も、長さのバランス調整と毛量調整が必要となってきます。ズバリ大切なのは、毛量調整だと僕は考えています。

厚みがあった方がクセが出にくいという考えのお持ちの方がいらっしゃると思いますが、正解でもあるのでしょうし不正解でもあるのではないかというのが僕の見解です。

毛先まで重たい状態、厚みを取っていない状態のヘアスタイルはとにかく乾きにくいというリスクが存在します。乾ききるまでドライヤーを当て続け、髪の毛がドライヤーの熱により傷みさらに乾燥を進ませダメージに変わり広がりやすくなるという方をよく見かけます。

逆にスカスカの状態であればドライヤーを当てる時間こそ少ないものの、スカスカになり軽くなりすぎてしまったヘアスタイルもまた、髪の毛が動きやすくなり広がったりクセが出てきてまとまらなかったりという不具合が生まれます。結果的にダメージにもつながり髪の毛のコンディションはどんどん悪化していくことでしょう。

重すぎても軽すぎてもダメというのが現在の僕のくせ毛のカットの際にイメージしている考え方なのですが、ではその状態のカットとは一体なんなのかというお話ですが、企業秘密なので教えられませんというと怒られるので、お客様がどの美容師に担当されても僕のくせ毛のカット理論で切ってもらえるような魔法のフレーズを伝授します。

「毛先がスカスカにならないように全体の毛量を軽くしてください。」

もちろん重たく残していきたいお客様に関してはあまり関係なく感じるかもしれませんが、広がりやうねりの改善、毛先のまとまりが欲しい方はぜひこの魔法のフレーズを伝えてみてください。

よくお客様に言われるのは「(髪の)量が多いのでめっちゃすいてください!!」

これでは毛量は減りますが、髪の毛が扱いやすい状態には到底ならないのではないかと思います。

もう一度言います。

「毛先がスカスカにならないように全体の毛量を軽くしてください。」

ぜひくせ毛で悩むお客様は美容師さんへこうカットのオーダーをしてみてください。
それぞれの美容師さんなりの毛先がスカスカにならない毛量調整をしてくれて毎日扱いやすいヘアスタイルに変身させてくれることでしょう。

くせ毛やボリュームダウンのついてはこちらでも詳しく記載していますので参考にしてみてください↓

くせ毛でもボブにしたい!広がる悩みはくせを生かしたスタイルで決まり♪

たとえ髪の毛にうねりがあっても大丈夫!うねりの悩みがなくなる方法!

ショートカットしたらくせ毛で広がる?くせ毛で広がる悩みはカットと縮毛矯正で解決♪

ショートカットにしたいけどくせ毛で髪の毛の量が多い!しっかりとボリュームダウン出来る4つの方法

くせ毛に悩むミディアムの方は必見!広がるくせ毛はカットで収めるたった一つの方法

くせ毛の人はボブにできないの!?失敗するパターンと改善方法とは

カットだけで本気でくせ毛をなんとかしていこうという想いを詰め込んだこちらのブログも参考にしてみてください。

くせ毛の悩みをカットでなんとかする札幌の美容師


うねりやボリューム、パサつきを抑えられるオススメの流さないトリートメントはこれ1択!

トリートメントもしっかりとして素敵なカットをされ、最後にぜひ使っていただきたいオイルトリートメントがこれ!

しっとりさせるオイルの中でも群を抜いて扱いやすい髪の毛に変身させてくれる夢のようなオイルです。ちょっと料金はお高いですが仕上がりはべたつかすさらっと毛先までまとまってくれます。乾かす前に少量つけて、乾いた後にもう一度重ねてつけてあげることにより一日中うねりや広がりを抑えてくれる優れものです♪

摩擦や紫外線などのダメージから髪の毛を守ってくれる最高級ランクのオイルトリートメントになりますのでご自分の髪の毛にご褒美にいかがでしょうか??


洗い流さないトリートメントで髪がストレートに!?

話題のアウトバストリートメントはクリック↑






簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓




簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓


access

〒060-0061

北海道札幌市中央区南1条西5丁目17−2

セントラル富士ビル6階603

OPEN 9:00  CLOSE 20:00

080-3472-5356

電話をかける

MAIL bigamiya.sapporo@gmail.com

LINE@でもご予約やお問い合わせを受け付けています♪

髪の毛のお悩み相談も行っていますのでぜひ友達追加をしてみてください♪

こちら↓『スマホの方』下記ボタンをタップ

友だち追加


お得な定額コースのご案内はこちら↓


筆者プロフィール

内藤 和哉

札幌の美容師 オススメ 人気 うまい 上手

美容師歴16年のベテラン美容師になりました。カウンセリングを大切にしお客様とのイメージの共有と時間を大切にしています。特にくせ毛のカットと独自の理論で発色させるブリーチしないダメージレス透明感カラーは髪の毛の悩みを抱えた多くの女性に絶大な人気を誇ります。

今までの美容室で髪の毛の悩みが解決できなかったお客様はぜひ一度ご相談にいらしてください。

内藤和哉という美容師の想いはこちらを読んでみてください↓

内藤和哉という美容師

コメントを残す