髪の毛の痛みを改善できる『クリニカルカット』

札幌 美容室 カット

札幌市中央区、大通の美容室「美髪屋」です。

今回はカットによる髪の毛のメンテナンスのお話です。

髪の毛の悩みはたくさんありますが、美容室やご自宅でトリートメントのケアをしても結局悩みがなくならないと感じてる方ではありませんか?こんな悩みに当てはまる方は要注意です!

髪の毛がパサつく

引っかかりがある

ボリュームが出る

指通りが悪い

ツヤがない

などなど。悩みを挙げればキリがありません。しかしこれらの悩みを改善しようと思ったとき皆さんはどうしてますか?

トリートメントをする?傷んだところをバッサリ切る?

でもトリートメントしても良くなった経験どれだけありますか?

本当は切りたくないけど短くしてしまっていませんか?

これらがカットで解決できるとしたら?

もうよくわからないトリートメントなんてしなくていいんです。

切りたくなければ切らなくてもいいんです。

そんな夢みたいな事が叶えられるカットが【クリニカルカット】です。


カットの理念と美容師という在り方

技術的なお話の前に、まずは僕のカットにおける理念。そして美容師という在り方についてお伝えしたいと思います。

なんだよ!お前の考え方なんてなんだっていいよ!早く髪の毛をキレイにする方法を教えろよ!、という方は上の目次より、「クリニカルカットという考え方」から読み始めて下さい。

まずはカットの基本的な理論のお話ですが、カットにたった一つの工程しかありません。

それは【切る】ということ。

ハサミを入れた所から短くなってしまう、シンプルな工程です。

この切るという工程をさらに細分化し、長い毛と短い毛を作る【すく】という工程に分けられます。

この二つの組み合わせのみでみなさんの髪型は作られています。

ではこの切るという作業で違いが出てくるのは一体どんな時でしょう。

同じ髪型に切ってもらったのに美容師によって仕上がりが全然変わってくる原因はたった一つです。


それぞれの美容師の技術の違い

美容師が違うと同じ髪型でも仕上がりや持ちが違う原因、それは短い毛と長い毛のバランスです。

これはすくという工程はもちろんですが、レイヤー(段差)の入り具合も含まれ、この全体的な長さのバランスが仕上がりに影響を及ぼし、一ヶ月で扱いづらい髪型になるのか、二ヶ月三ヶ月経っても形が崩れにくいのかが変わってきます。

このように、長さの長短で仕上がりが変わり、ヘアスタイルの持ち、ご自分でも簡単に扱えるかどうかに違いが出てきてしまうのです。

同じ髪型でオーダーをしても美容師によって仕上がりや持ちに違いが出る理由がここにあります。

長さの長短のバランス、特に毛量調整が大きな影響を及ぼします。

このバランスをしっかりと考えないと持ちがいいカットができないというのが僕の考え方です。

お客様一人一人の髪の毛のくせや毛量、毛流れまでしっかりと考え、頭を細かくパーツ分けして場所ごとにカットする必要がありますが、そこをしっかりとこだわる事こそが美容師としての在り方なのではないかと考えています。


カラー等の薬剤がドラッグストアで売っている

カラーやパーマなど、薬剤を使用する技術は正直美容師ではなくても誰でも出来ます。市販でカラー剤やパーマ液、縮毛矯正薬剤までが売っています。

美容師ではない一般の方でも誰でも染められるしパーマも縮毛矯正も掛けれるんです。

確かに薬剤理論も必要かもしれませんが、塗れば染まるし巻けば掛かるのが薬剤です。こんな簡単な事はないでしょう。今の時代ホームカラーが流行っているのはその手軽さが一番のポイントですが、カットはそうはいきません。


髪の毛のダメージに対しての認識

カットだけは手軽ではないんです!

カットの練習をし始めてから2〜3年でやっとスタンダードなカットが出来るようになり、そこからさらに数年掛けてお客様が扱いやすいと思えるような一人一人に合わせたカットができるのです。

最近の美容師さんはここがしっかりとないんです!

確かにデザインカラーも大切だし、ゆるふわパーマもトレンドです。髪の毛のダメージありきのデザインを決して否定するつもりもありません。

僕だってお客様から要望があればハイトーンにだってするしブリーチだってします。

髪の毛を薬剤で傷ませることも営業ではしています。

これが悪いことだとは全く思いません。

あくまでもデザインをする上で必要なダメージですからね。しかしただ傷ませるのではなく、最小限にダメージを抑える工夫や努力はします。

髪の毛は自己再生能力がないのでダメージをしてしまったらもう切る以外の選択肢はありません。

しかし問題はここです。


美容師側の意識の問題点

デザインをして傷ませた髪を美容室ではなんと言われるか。

「傷んでますね、トリートメントしたほうがいいですよ」

これってお客様は当たり前なのかもしれませんし、今の美容業界もこの大きな流れがありますが僕はこの風潮に違和感を感じてなりません。

傷んだ原因はお客様のせいですか?

傷んだ原因はカラーやパーマのせいですか?

こんな思いが美容室では日常です。

でも考えてみてください。本当に傷んだ原因を探ると、美容師が髪を傷ませてるんです。ということは髪が傷んでいる原因を作っているのは僕ら美容師なんです。

お客様は何も悪くないし、カラーやパーマなどの薬剤も悪くないんです。

そう思う人がどれだけいるでしょうか。

僕はトリートメントを勧める前に美容師がやらなきゃいけない事は、カットでまずは髪の毛のコンデションを改善するべきだと思います。だって髪の毛のコンデションが悪ければ更に悪化しかしないんだから。

なので髪の毛をダメージから守るよりも先に髪の毛自身をダメージに強くしていく事が先決なのではないかと思っています。

そのためには美容師が何をしなくてはならないのか、何を学ばばくてはならないのか。

そしてカットをすることで本当に髪の毛は強くなれるのか。

前置きがとても長くなりましたが今回はそんなカットで髪をキレイにしていくクリニカルカットという考え方のお話です。


クリニカルカットという考え方

カットで髪の毛はキレイになるのかという観点ですが、結論から言うとキレイになります。

お客様がご自身で感じられる変化としては、

指通りが良くなる

サラサラになる

毛質によっては艶が出る

毛先のまとまり感が出る

クセやうねりが収まる

キレイに伸ばせる

そしてダメージが減ることです。

ざっと挙げてもこのくらいはお客様自身が感じられる変化だと思います。

トリートメントをしてもこういった効果は出るでしょうけどどのくらいの持続力があるかというのポイントです。

みなさんが美容室でトリートメントしても効果の持続を感じられるのは長くて2〜3週間、早い人であれば数日で効果を感じれなくなってしまうという方もいらっしゃると思います。

美容室に来られるお客様のトリートメントをされる比率は全体の30%だと言われています。ということはトリートメントの重要性や効果をお客様自身が感じないのに僕ら美容師が必死になってお客様にトリートメントを勧めているということになります。

この数字をみるとトリートメントを勧めてくる美容師ってなんなんだろうと思いませんか?

トリートメントは本来、ホームケアがきちんとできる方が美容室に来た際により集中的にケアをするものであって、普段あまりケアをしない方に進めるものではなく、その前にご自宅でのホームケアの情報やアドバイスなどをしっかりと伝えることが先なのではないかと思います。

そのトリートメントをしなくても髪の毛本来の美しさや強さを引き出す考え方やカットの技法がクリニカルカットの根本になります。

では実際にクリニカルカットとはどういうカットなのかを詳しくお話ししていこうと思います。


クリニカルカットプロセス

髪の毛の傷んだ部分は毛先ですか?

髪の毛が傷むと枝毛になります。乾燥や薬剤のダメージによってキューティクルがめくれあがり、内部の栄養分の流出が起こり枝毛という症状が出てきます。

この枝毛によって毛先の収まりの悪さや触ったときのザラつき、引っかかりなど原因になります。

では毛先を切ればこの枝毛が切り落とせるのでしょうか。

答えはYESですが、みなさんは毛先ってどこだと思いますか?

札幌 大通 美容室 カット

大体の方はAと言うはずです。

伸ばしていくので毛先だけ整えて下さいとオーダーしたのにBのところから切られたら怒りますよね。

確かにAは根元から伸びてきた髪の毛の終着点、つまり毛先の集まっている場所なのでAを切ってあげる事は大切です。

でも皆さん髪の毛をすいて軽くしていませんか?根元から毛先まですべての毛が同じ長さの方がどれだけいるでしょうか?

すいて短くなってしまっている髪の毛、すなわちBの辺りにも毛先は存在するんです。

札幌 大通 美容室 カット

このBの毛先を除去しない限りは絶対に手触りなんて良くならないしトリートメント効果なんて感じないんです。

それもそのはず、枝毛が残っているからです。皆さんが髪の毛が傷んでるなと見る場所は確かにAの部分の枝毛などです。

でも実際に手櫛を入れて傷んでると感じるところはどこですか?ご自分の髪の毛に手櫛を入れてみて下さい。

BからAに掛けてを傷んでると感じるはずです。

札幌 美容室 カット

クリニカルカットではこの中間にある枝毛を特殊なカット技法で細かく除去していくので手櫛を入れたときのザラザラ感が本当になくなります。そう、まるでトリートメントをした時のようにサラサラになるんです。


クリニカルカットすると髪の毛はキレイになる

更にこのカット技法でのメリットが、長さを切らなくていいという事です。

今までは例えば指通りが悪い部分が毛先から10センチあったとしたら、傷んだ部分切ろうと思ったら10センチ切るしかないと思っている方や美容師が多かったはずです。僕もその一人でした。

しかしクリニカルカットの理論でいうと、10センチも切ってしまうと傷みのない中間部分まで切ることになってしまうという事になります。

札幌 美容室 カット

これではいつまでも長さは伸ばせませんし、ましてや切ったとしても毛先の位置が上に上がっただけで、すぐにまた同じように中間層で傷みが新しく生まれてくるだけなんです。

このスパイラルをなくするために美容師がなんと言うでしょう。

「傷まないようにトリートメントをしましょう」

これって何か違うと思いませんか?

髪の毛の傷みの根本を解決していないのにトリートメントを勧められたからといってやるのはもうやめにしませんか?

髪の毛本来のきれいな状態になるためにまず必要なのはトリートメントではなくてカットなんです。

その後で切った毛先が枝毛になりにくいように守るためにトリートメントするんです。

美容室で行うトリートメントが意味がないとは言いません。しかし順番が違うんです。

髪の毛のコンディションをしっかり整えてからトリートメントを行うことによって髪の毛が強くなりダメージを受けにくくなり結果的にきれいな髪の毛が育っていくんです。

札幌 美容室 カット

毛先の枝毛なくなることによって、サラサラになり、指通りが抜群に良くなります。


クリニカルカットのメリット

更にクリニカルカットでは、細かく頭をパーツ分けしてカットしていきますが、髪の毛の全体量の10%から20%程のくせ毛の除去も行います。

札幌 美容室 大通 カット

どんなに直毛の方でもその位はうねる髪の毛が存在しますがこういった毛をカットすることによって、
指通りの改善、まとまり感アップ、クセやうねり、ハネの減少、そして髪の毛の艶を出しやすくしていく効果があります。

髪の毛の中にこういった髪の毛が含まれる事によって髪表面がボコボコして指通りの悪さやザラつきを生みます。

更にうねる事による全体のボリュームアップにも繋がり広がりやすくなったり、その影響で毛先のまとまりの悪さが出てしまいます。

鏡のように表面のツルツルさが失われていき、砂利道のようデコボコになるので均一な光の反射が行われないのでツヤ感が出ずパサついた印象になってしまうのです。

こういった髪の毛をできるだけ除去していくことによってこのようなツヤ感やまとまり感が生まれていくんです。

札幌 美容室 カット

ちなみにこの方はトリートメントもしていませんし、アイロンやブローなども全くしていません。

流さないオイルトリートメントを付けてただただ乾かしただけです。なのにこんなにツヤが出たり毛先がまとまりやすくなるんです。

毎日乾かすだけでこんなに状態になるなら最高ですよね。

しかもトリートメントなんてしなくたってこれだけで本当にきれいな髪の毛の生まれ変われるんです!

このクリニックカットの本来の目的はダメージの除去ですが、ダメージがなくなることによって表面のデコボコが少なくなりツヤ感が生まれ、枝毛やうねった髪の毛がなくなり指通りが良くなりサラサラに髪の毛が変わります。

そして全体の毛量やうねりが減ることによってボリューム感が抑えられたり毛先がまとまりやすくなるメリットがあります。


クリニックカットを体験することでご自身が感じる事

実際に施術を受けた方が皆さんおっしゃるのは、やはり指通りの改善に対しての感動です。

その位質感が変わるのがこのクリニカルカットです。

トリートメントではなく、何もしていないただカットされただけの髪の毛が良くなった感じがすることこそが素髪のコンディションが良くなった唯一の状態です。

コーティング剤に頼らないきれいな髪の毛がお客様の本来の髪の毛なんです。

是非このきれいな素髪を手に入れてください。

特別なことはなにもしません。

高いトリートメントを勧めもしませんし、高い商品を売りつけもしません
ただお客様はカットをしにお店来るだけです。

そして家に帰ってからは毎日少しだけ髪の毛優しくしてあげてください。

僕ができるのは髪の毛を元のきれいな状態にしてあげることだけです。

その状態を保つ努力をしていきましょう。

その繰り返しが一ヶ月後、二ヶ月後自分のきれいな髪の毛を作る為だということを忘れないで下さい。

お客様の大切な髪の毛を一緒にきれいにしていきます。

そんな美容室、「美髪屋」のお話でした。


美髪屋ネット予約サイトでもクーポンメニューを掲載しています

現在ネット予約でもクリニカルカットのメニューを掲載しています。

内藤和哉という美容師の想いはこちらを読んでみてください↓

内藤和哉という美容師


簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓

 


簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓

楽天スーパーポイントがザクザク貯まる♪ヘアドネーション専用クーポン掲載中☆楽天ビューティーはこちら↓


access

〒060-0061

北海道札幌市中央区南1条西5丁目17−2

セントラル富士ビル6階603

OPEN 9:00  CLOSE 20:00

080-3472-5356

電話をかける

MAIL bigamiya.sapporo@gmail.com

LINE@でもご予約やお問い合わせを受け付けています♪

髪の毛のお悩み相談も行っていますのでぜひ友達追加をしてみてください♪

こちら↓『スマホの方』下記ボタンをタップ

友だち追加


お得な定額コースのご案内はこちら↓


筆者プロフィール

内藤 和哉

札幌の美容師 オススメ 人気 うまい 上手

美容師歴16年のベテラン美容師になりました。カウンセリングを大切にしお客様とのイメージの共有と時間を大切にしています。特にくせ毛のカットと独自の理論で発色させるブリーチしないダメージレス透明感カラーは髪の毛の悩みを抱えた多くの女性に絶大な人気を誇ります。

今までの美容室で髪の毛の悩みが解決できなかったお客様はぜひ一度ご相談にいらしてください。

内藤和哉という美容師の想いはこちらを読んでみてください↓

内藤和哉という美容師

コメントを残す