ブローで内巻きにしたい!でも出来ない!そんなあなたに教えます☆

髪の毛 カットの頼み方

お客様の日々のスタイリングの中で、「ブロー」をされている方は一体どれぐらいいるでしょうか。

やった方がいいか悪いかといえばやった方が髪の毛がダメージに強い状態に変わっていくし、何よりも髪の毛が綺麗に見えます。やはり綺麗な髪の毛の女性を街で見かけたら目で追ってしまいますよね。そんな綺麗な女性に自分がなれたとしたら・・・。

素敵ですよね。ただブローってなんだか面倒くさいイメージがありませんか?
美容室で僕ら美容師が仕上げの際にやったりしますけど5分から10分程度は時間をかけてしまっています。もちろんプロの仕事ですので丁寧に仕上げるために必要な時間ですが、朝の5分や10分ってとても貴重ですよね。

なので皆さん朝のセットで手が掛からないスタイルという夢のようなヘアスタイルを望む方が多いのかもしれません。
そんな朝の時間が足りないというあなたにオススメのブローのやり方を伝授します。
ただ後半に身も蓋もない話も出てきますので悪しからず。


お客様のブローテクニックが悪いのかそれとも・・・

そもそも家で自分で内巻きにブローするときには上手くないけど美容師がやると綺麗に内巻きになる、なんて経験ありませんか?僕はお客様からよく言われます、プロだからできるのよねと。

それは当たり前な話です、何故なら僕はプロだし、何ヶ月もの間朝も夜もブローだけを練習してましたから。美容師はみなそうだと思います。もちろん仕事としてのスキルですので出来て当たり前なんです。
ただ家でお客さまご自身が上手くできなければ意味がない、僕はそう考えています。
なので数ヶ月練習してください。こればかりは練習あるのみです。ブロー技術が上達すればおのずと毛先は内巻きになっていきますので頑張ってください。

というのが身も蓋もない話です。それができたら苦労しないということですよね、確かにお客様のブロー技術も必要なのですが、そもそもそのヘアスタイルが内巻きにしやすいスタイルなのか、内巻きになりやすいような毛量調整がされているのかという根本的な問題があるのです。どんなヘアスタイルでもプロは内巻きにできます、ただ素人の方にはテクニックがないと無理なヘアデザインというものがあるんです。
ここが身も蓋もない部分のお話でした。
そもそも自分で内巻きにしにくいヘアデザインなのに一生懸命頑張っても難しいものは難しいんです。
そんなブローで内巻きにしにくい髪型も存在するということをまずは知って頂きたいと思います。
いろいろな事情でそのヘアスタイルのすることもあるでしょう。だがしかし切って作り直さない限りいつまでも理想の毛先にはならないと思いますので切るかブローテクニックを抜群に上達させるかの二択で考えてみましょう。

  • 毛先がスカスカ
  • 毛先の部分にかなり段が入っている
  • 鎖骨くらいのミディアムレングス
  • 極端な前上がりのスタイル、または床と平行なアウトラインのスタイル(ボブやワンレンは除く)

上記に一つでも当てはまる方は短くカットをしないと内巻きにブローはしにくいはずです。できるという方はブローが上手かいい感じのクセがあるのでしょう。

どうですか?当てはまりますか?当てはまる方は切った方が毎日楽になるかもしれませんね。

ただここまで言うと切りたくないという方に怒られてしまうので、切った場合はよりやりやすく切りたくない場合でも割と楽チンに内巻きになりやすくする道具をご紹介しておきます。


内巻きブローはこれを使えば楽チンな上にダメージレス

実家のお母さんが使っていた、銭湯などで見たこともあるという方もいらっしゃると思います。
もちろんご使用されている方はナイスです。

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア ピンクゴールド EH-KN89-PN

パナソニック くるくるドライヤー ナノケア ピンクゴールド EH-KN89-PN

そう「くるくるドライヤー」です。

これ、ものすごく万能です。まっすぐもできるしカールも作れ、なおかつ梳かすだけでブローができてしまうという優れもの。さらに熱量も少ないので髪に優しくダメージレスなんです。難点は風量が弱いため乾かすという作業にはあまり向いていないという点くらいです。
これを使えば美容師がやった仕上がりにより近い状態でブローができますので買って使ってみてください。
最近のやつはマイナスイオンとかも出るものもあるようで、髪にはもすごく優しい設計になっていますね。
ぜひお試しください。


くるくるドライヤーの正しい使い方

乾かした状態であれば慣れてくると二、三分で終わるとっておきのブローテクニックをお伝えしておきます。

髪の毛の内側にブラシを外に入れて、髪の毛を包み込むように片方の手で毛を挟み、そのまままっすぐ前にブラシを通すだけです。
これだけです。これを毛先にやるだけ。ポイントはドライヤーの角度を床と平行にせずなんとなく45度くらいを保つことと、左側をやる場合は右手でドライヤーを持ち、右側をやるときは左手に持ち替えること。たったこれだけで毛先は内側に入ります。

近々画像か動画をアップして詳しいやり方を掲載してみようと考えていますのでぜひ実践してみてくださいね。


まとめ

ブローをしている方もこれからしてみようと思っている方も、やはり自分でもできるやり方を知っているということはとても重要だと思います。しかしながらやりやすい形があり難しい形もあるということも理解した上で髪の毛を扱う方がよりやりやすくなっていくのではないかと思います。

たくさんのお客様がご自宅で簡単に扱えるヘアスタイルを手に入れられるようスキルアップや道具、ヘアスタイルを考えていけるともっと美容室が素敵な場所に変わるのかもしれませんね。



簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓

 


簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓


access

〒060-0061

北海道札幌市中央区南1条西5丁目17−2

セントラル富士ビル6階603

OPEN 9:00  CLOSE 20:00

080-3472-5356

電話をかける

MAIL bigamiya.sapporo@gmail.com

LINE@でもご予約やお問い合わせを受け付けています♪

髪の毛のお悩み相談も行っていますのでぜひ友達追加をしてみてください♪

こちら↓『スマホの方』下記ボタンをタップ

友だち追加


お得な定額コースのご案内はこちら↓


筆者プロフィール

内藤 和哉

札幌の美容師 オススメ 人気 うまい 上手

美容師歴16年のベテラン美容師になりました。カウンセリングを大切にしお客様とのイメージの共有と時間を大切にしています。特にくせ毛のカットと独自の理論で発色させるブリーチしないダメージレス透明感カラーは髪の毛の悩みを抱えた多くの女性に絶大な人気を誇ります。

今までの美容室で髪の毛の悩みが解決できなかったお客様はぜひ一度ご相談にいらしてください。

内藤和哉という美容師の想いはこちらを読んでみてください↓

内藤和哉という美容師

コメントを残す