ショートボブにしよう!襟足の2つの悩み|はねる・浮くを解決!

札幌市中央区、大通の美容室「美髪屋」です。

ここ数年大流行しているショートボブ。短すぎず長すぎず、大人っぽくも可愛くも、クール系も対応できる万能スタイルですが、厳密にいえば短いながらも長さのバランスでいろんな表情を出せるのがショートボブのメリットです。

セットも簡単だしパーマをプラスしても可愛いし、何よりも乾かすのが早いといった良いことづくしのようなショートボブ。今年は是非チャレンジしてみたい髪型の上位に入っていますので思い切ってバッサリ・・・なんて方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなみんなの憧れのショートボブについてのお話をさせていただこうと思います。


ショートボブにしたい

ショートボブのスタイルは万能です、骨格の補正や小顔効果、くせ毛でも生かせるスタイルが多いのが魅力のヘアデザインです。

ショートボブ 襟足 札幌 美容室 中央区 大通

引用元 HAIR

様々なメリットがあると言えるショートボブですが一点だけ問題があるとすればヘアスタイルの大きな特徴の一つの襟足のすっきり感です。美容師風に言えばぼんのくぼから襟足に掛けてレイヤーを入れてあるスタイルだということ。

これがどういう状態かというと、襟足のくせがダイレクトに出やすいということです。段差が入ることにより生えグセやくせが表面に出てしまうので襟足の浮き、はねといった問題が出てくる場合があります。

この場合は段差をつけないスタイルにすれば解消されますがそれだとショートボブではなくなってしまいます。では一体どんな襟足だと問題があるのでしょうか。

ずばり「生えグセです」

この生えグセによる浮きやはねといった治らない状態になると襟足の悩みとして問題になってしまいます、

ご自分の襟足の生えグセなどを一度チェックしてみてはいかがでしょうか?


襟足の生えグセは大丈夫?

問題となるのは生えグセですがどういった場合に襟足が治らないかというと2点です。

・左右どちらかに強い毛流れがある

・上に向かって生えている

この2点がある場合はそのまま切ってしまうとショートボブ特有の収まりがなくなり変なボリュームや毛先がはねておさまらないといった状態になりやすいのでしっかりと見極めてもらってから切ってもらうことがポイントになります。

ではどうすれば改善できるのかをパターン別に考えていきましょう。

左右どちらかの強い毛流れの対処法

この場合は長さを短く設定したスタイルにすることで比較的解消できる場合が多いです、ある程度の長さになると毛流れの影響でどちらかに髪の毛がよってしまいはねてしまうことが多いのでいっそ長さを短くしてしまうのが一番効果的です。ただあまり短くしすぎたくないともう方もいらっしゃるでしょう、そんな場合は毛流れを弱める効果を持つルーツセニングという流れを補正するカットをしてもらいたいですね。

髪の毛は短い髪の毛が長い髪の毛にくっつこうとする特性があるのでできれば毛流れを考慮したベースカットと長さ、そしてルーツセニングといった組み合わせで考えてもらうとより良いかもしれません。

上に向かって生えている場合の対処法

上向きの襟足は肩から上の長さのスタイル全般で悪さをする生えグセですがショートボブも当てはまり、首に沿うようにすっきりとして欲しいはずの襟足なのにふわっと浮いてしまいます。

これを改善するためにはまずは襟足の段差(レイヤー)をつけすぎないこと。できるだけ襟足は長めに設定する。毛先をすきすぎない。生え際から1センチ程度の特に毛流れの強い部分はルーツセニングで減らしておく。

この4点をしっかりと守れば大体の襟足は浮きが弱まることが多いです。

お客様自身はカットをするわけではないので練習をすることはありませんが美容師にこの4点をしっかりとやってもらうということがポイントになっていきますので覚えておくと良いかもしれませんね。

そもそもルーツセニングってなに?

さっきから出てくるルーツセニングの補足説明ですが、セニングとは「すく」という意味で毛量調整を指します。そしてルーツはここでは「根元」の意味を持ちます。根元の毛量調整というイメージでしょうか。

一般的にすくといえば根元から100%生えてきた髪の毛を中間80%・・・毛先50%・・・といった毛先に向かって少しずつ毛の量を減らしていきますがルーツセニングの場合は根元から1センチ以内の部分のみを間引くように切り落としていくイメージになります。根元から毛流れやくせを除去できるので特に襟足の毛流れの補正に使用される技術になります。毛流れを見極めて調整する必要があるため熟練の技術を必要としますので担当スタイリストとしっかりとご相談してやってもらうようにしてくださいね。


それでもダメな時は諦めるの?

いろいろやっても浮く、はねるといった場合も少なからずあると思います。

上記のような対策をしても浮いたりはねたりしてしまう場合はいっそそこは気にしないというメンタルで望むことも時に必要かもしれません。

浮きやはねが気になる場合はトップの方にパーマをかけてあげることによってボリュームや動きが生まれてくるので襟足の浮きやはねをごまかす効果もありますのでパーマも選択肢に入れたショートボブのデザインを見つけてみるのも一つの改善方法なのかもしれませんね。

ショートボブではなくなりますが襟足の段が無くせるボブベースのスタイルやマッシュ系のボブも襟足の生えグセの影響が少なくて済むスタイルなのでそのなかで選んでみてもいいかもしれませんね。


まとめ

いかがでしたか?

トレンドのスタイルだからやってみたいともう方も多いと思いますが、それぞれに生え方や髪質などが違う中で同じようにならなかったり悩みが増えたりなどのリスクもあるのが髪型というものなので、ご自分の髪のコンディションをしっかりと理解した中で最大限対策を講じて作れるスタイルなのかある程度妥協点も必要なスタイルなのかを吟味して髪型を選んでいけるとよりストレスや悩みのないご自分にあった髪型に出会えるかもしれませんね。

ショートボブにしてみたいと考えている方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか??


髪の毛の悩みなくしたい、髪の毛を綺麗に育てていきたい、毎日笑顔で過ごしたいという方はこちらをクリック

札幌の美容室

簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓

 


簡単登録♪「髪質改善カラー」クーポンあり☆お得な年間フリーパスポートあり♪ポイントがたまる美髪屋ネット予約はこちら↓

リクルートポイントがザクザク貯まる♪ホットペッパービューティーはこちら↓


access

〒060-0061

北海道札幌市中央区南1条西5丁目17−2

セントラル富士ビル6階603

OPEN 9:00  CLOSE 20:00

080-3472-5356

電話をかける

MAIL bigamiya.sapporo@gmail.com

LINE@でもご予約やお問い合わせを受け付けています♪

髪の毛のお悩み相談も行っていますのでぜひ友達追加をしてみてください♪

こちら↓『スマホの方』下記ボタンをタップ

友だち追加


お得な定額コースのご案内はこちら↓


筆者プロフィール

内藤 和哉

札幌の美容師 オススメ 人気 うまい 上手

美容師歴16年のベテラン美容師になりました。カウンセリングを大切にしお客様とのイメージの共有と時間を大切にしています。特にくせ毛のカットと独自の理論で発色させるブリーチしないダメージレス透明感カラーは髪の毛の悩みを抱えた多くの女性に絶大な人気を誇ります。

今までの美容室で髪の毛の悩みが解決できなかったお客様はぜひ一度ご相談にいらしてください。

内藤和哉という美容師の想いはこちらを読んでみてください↓

内藤和哉という美容師

コメントを残す